バックグラウンドで動いているアプリを終了させてiPhone、iPodの動作を軽くする

見えないところで動いているアプリ

iPhone、iPod touchなどの古い世代を使っていて、一番困るのが動作が遅くなる問題。

第4世代までのios7でのバックグラウンドでのアプリ終了方法は知っていたのですが、第5世代のios8になると少しやり方が変わります。

最初は「バックグラウンドで動いているアプリを停止させていること」自体を分からず、ただ単に動作が軽くなるからやっていた作業。
ホームボタンを2回連続で押してやるやつ!程度(^^;)

なので、何て検索して調べたら良いか分からず、「iPod キャッシュ削除」などで調べていたのですが、出てくるのはsafariのキャッシュ削除情報ばかり。

「アプリ キャッシュ 削除」と調べたらアプリ自体のキャッシュを削除してくれるツールの情報ばかり。これはこれで動作が軽くなるので良い情報でした(^^;)

結局「ホームボタン 2回連続」で検索して、やっとこの作業が「バックグラウンドで動作しているアプリを終了さている」って事が分かりました。

ios8でのやり方が変わってちょっと戸惑ったので、ここにメモしておきます。
ご参考にして下さい。

バックグラウンドで動いているアプリを終了させる

ios7 第4世代まで

第4世代までのios7までは以下の通り。

ホームボタンを2回連続押し。
出てきた画面のアイコンを長押しすると、写真の様にアプリを削除できる状態になり、一つずつタップしてアプリの動作を終了させていきます。

iPod touch 第4世代

アプリは削除されませんのでご安心を(^^;)

ios8 第5世代以降

ホームボタン2回連続押しは同じ。
出てくるアイコンが少し違うが、同じ様に長押しして…

・・・・・・・

なんもならん(´・ω・`)

どうやんのやろ?
って思って調べたら上にスワイプさせるだけでした(^^;)

第5世代アプリの終了

出てきたアイコンの上にアプリのサムネイルが表示されるので、そいつをつかんで上へスワイプアウトさせると動作を終了させられます。

たったこれだけの事でしたが、キーワードが分からず調べるの難儀しました(^^;)

よければご参考に。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA